Top > バックアップ > 自動システム回復を使う

自動システム回復を使う

Windows XP Professionalには自動システム回復という機能があります。

この機能の本来の目的は、回復不能な障害が発生した時に以前の状態に戻す、ということにあります。

そのため、実際に行うのはシステム・パーティションのバックアップと復元です。

この機能を利用すれば、再インストールしてパソコンを復元することができます。

この機能で中心的に動作しているプログラムはバックアップユーティリティーです。

つまり、自動システム回復という機能は、システム・パーティションのバックアップと復元用にカスタマイズされたバックアップユーティリティープログラムによって行われるということです。

したがって、バックアップユーティリティーでパソコンを復元するより、操作は簡単になります。

しかし、この機能を使用するにあたっては、いくつか注意することがあります。

ひとつは、この操作で対象となるパーティションはシステム・パーティションのみであることです。

データパーティションに関してはこの機能でバックアップ・復元はできません。

同様に増設されたドライブのファイルも、バックアップ・復元はできません。

もうひとつは、差分・増分のバックアップには対応していないということです。

自動システム回復がサポートしているのは、フルバックアップだけです。

また、自動システム回復機能は、Windows XP Professionalに搭載されている機能です。

そのため、WindowsXP Home Editionでは利用できません。