Top > バックアップ > バックアップツールを利用する

バックアップツールを利用する

再インストールしてパソコンを復元するのは手間がかかるもの。膨大な作業と時間が必要になります。

OSやアプリケーションソフト本体なら、オリジナルCD-ROMを使用し、その手順に従えば、元の状態に戻ります。

しかし、大変なのはその先の作業です。

OSやアプリケーションソフトには膨大な設定があります。

誰でもパソコンを使用していれば、自分の使い勝手のいいように設定を変更しているものです。

これらの設定を元の状態に復元するのは大変な作業ですね。

設定の中には、試行錯誤の結果、落ち着いたものもあるはずです。

それらの設定を全て記憶しておくのは不可能ですよね。

その結果、記憶している限りの設定だけを復元して、残りの設定については、使用していく中で思い出しながら設定していくことになります。

そうすると、使い慣れたもとの状態にパソコンが復元されるのは、だいぶ先ということになりますよね。

短時間で簡単にもとの状態に復元する方法はないのでしょうか。

バックアップツールを使用して設定をバックアップしておき、再インストール時にそのまま書き込んで復元するという方法があります。

この方法を選択すれば、OSやアプリケーションソフトに関する膨大な設定を簡単に復元することができます。

もちろんバックアップをとった以降のデータは復元できませんが、ゼロから設定データを復元することを考えれば、とても楽ですよね。

ぜひ、バックアップツールで設定の保存もしておきましょう。