Top > バックアップ > 再インストール

再インストール

パソコンの不具合が生じた時、元の状態に復元するために、OSなどを再インストールするという方法があります。

再インストールが必要になるような不具合とは、どういったものでしょうか。

まず、Windowsが起動しない時は再インストールが必要です。

また、ある特定のアプリケーションソフトのみで不具合が生じた時も、場合によっては必要となります。

通常、そのアプリケーションソフト自体に問題があるならば、そのソフトだけをアンインストールすればよいと思いがちです。

しかし、もっと本質的な問題があり、その問題が間接的に、ある特定のアプリケーションソフトに影響を与えている場合もあるのです。

そのような場合であれば、元の状態に復元するためにはOSとアプリケーションソフトの再インストールが必要となるのが理解できるでしょう。

パーティションの構成を変更したい時にも、再インストールが必要になります。

パソコンを使用していると、パーティションの数や容量の変更が必要となる時がありますよね。

Cドライブの容量が一杯になってしまった時、他のパーティションに余裕があれば、Cドライブの容量を拡張したくなります。

ただし、一般的にパーティションの構成を変更すると、そのパーティション内にあるデータは消去されてしまいます。

構成を変更したいパーティションがシステムドライブであった場合、そのまま変更してしまうわけにはいかないですよね。

その場合はパーティションの構成を変えたのち、OSやアプリケーションソフトを再インストールし、パソコンを復元します。