Top > バックアップ > CDから起動する

CDから起動する

パソコンの再インストールやバックアップ、復元作業を行うため、CDからパソコンを起動しなければならないことがあります。

一般のパソコンは、工場出荷状態でCDからの起動が行えるケースが多いようです。

しかし自作のパソコンですと、起動順位を適切に設定しないとCDから起動できない場合が多いようですね。

一般的な起動デバイスとしてはハードディスク、光学ドライブ、フロッピーディスクが挙げられます。

市販されているマザーボードの起動順位はフロッピーディスク、ハードディスク、光学ドライブの順に設定されていることが多いようです。

再インストールやバックアップ、復元作業を行うために、CDを使用するケースを考えてみましょう。

最初にフロッピーディスクがチェックされ、挿入されていなければハードディスクのチェックに移ります。

ハードディスクが起動可能な場合はCDのチェックは行われず、無条件にハードディスクから起動してしまいます。

つまりCDから起動することができないというわけですね。

CDからの起動が可能なケースは、ハードディスクにOSがインストールされていない場合、もしくはハードディスクが接続されていない場合のみです。

OSのインストールされているハードディスクが接続されている場合は、CDからは起動できません。

そこでバックアップ、復元作業を行うためにCDから起動させたいならば、CDドライブの起動順位をハードディスクより先になるように設定しなくてはなりません。

起動順位の設定は、BIOSセットアップメニューで行います。