Top > バックアップ > 復元ポイントとは

復元ポイントとは

パソコンを使用中に、システムが正常に動作しなくなったとします。

そのような時は、システムが正常に動作している時点の状態にもどすことができます。これを「システムの復元」といいます。

パソコンは常にシステムが正常に動作している時点の状態を保存しています。

パソコンユーザーが意識しないところで常に状態が保存され、万一のときに備えているのです。

システムの復元によって保存されたシステムの状態を復元ポイントといいます。

復元ポイントにはいろいろあります。

例えば、ドライバを更新するなど、システム構成が変更された時が復元ポイントです。

また、あるアプリケーションソフトがインストールされようとした時も、復元ポイントとなります。

これらの復元ポイントは自動的に記録されています。

システムが正常に動作しなくなった時は、復元ポイントまでさかのぼり、システムが正常に動作している時の状態に戻すのです。

復元ポイントは自動で記録されていますが、自分で作ることもできます。

例えば毎月1日を復元ポイントとしてシステムの状態を記録しておくこともできます。

8月1日の状態を、復元ポイントとして記録したとします。

8月中旬以降にシステムが正常に動作しなくなった時は、システムの復元を行い、8月1日の復元ポイントの状態に戻してやればよいのです。

その結果、8月1日のシステムが正常に動作していた時の状態に復元します。

ちなみに、最初の復元ポイントは、WindowsXPをインストールしたときです。。