Top > バックアップ > バックアップその2

バックアップその2

再インストールを行った後、動作環境を復元するために、バックアップをとります。

このとき、「アプリケーション本体」、「OSとアプリケーションの動作環境」に関してバックアップを取り、復元します。

アプリケーション本体はシステムパーティション内の「Program Files」フォルダに入っています。

Program Filesフォルダには、メーカー名ごと、もしくはアプリケーション名ごとにサブフォルダが作成されています。

一般的にはそのサブフォルダに、アプリケーションが動作するために必要なファイルが保存されています。

アプリケーションによっては、システムパーティションにサブフォルダを作成して、そこにファイルを保存するものもあります。

ですからバックアップの際には、Program Filesフォルダ、およびシステムパーティションに作成されるアプリケーションに関するフォルダは、すべてバックアップをとったほうが無難ですね。

OSとアプリケーションの動作環境に関するファイルで、他に必要なものはどこにあるのでしょうか。

レジストリに関しては「C:\WINDOWS\system32\config」フォルダに入っています。

そのため、WINDOWSフォルダをそのままバックアップしておけば自動的にバックアップされます。

環境ファイルはシステムパーティションの「Documents and Settings」フォルダに保存されています。

このフォルダにはユーザーごとにサブフォルダが作成され、さらにアプリケーションごとに各種の環境ファイルが保存されています。