Top > バックアップ > 他のパソコンで使う

他のパソコンで使う

Windowsが起動できなくなり、ハードディスク内のデータが使えなくなったとします。

その際、ハードディスクから必要なデータを復元する方法は、色々考えられます。

その中の1つに、他のパソコンを使用して、ハードディスク内のデータを復元するという方法があります。

ハードディスク自体が壊れている場合はどうしようもありませんが、Windowsが壊れてパソコンが起動できないのなら有効な手です。

Windowsが壊れているだけなら、ディスクは正常に読み取れる状態であると考えられるからですね。

ハードディスクを取り外して他の正常なパソコンに接続すれば、ハードディスク内にあるデータを取り出し、復元することは可能なはずです。

そのためには、起動できなくなったパソコンを分解してハードディスクを取り出さなくてはなりません。

取り外したハードディスクは、増設ディスクとして正常なパソコンに接続すればいいのです。

何か問題があって、取り外したハードディスクを増設ディスクとして内蔵させるのが無理な場合にも、方法はあります。

その場合は、USB方式の外部接続キットを使い、外付けハードディスクとして、正常なパソコンに接続します。

ただしノートパソコンには増設のスペースはありません。

また、デスクトップパソコンにはノート用の2.5インチハードディスクを接続することができません。

そのため、外部接続キットで2.5インチにも対応しているものを選ぶ必要があります。

以上の方法で、ハードディスク内のデータは復元することができます。