Top > パソコンを変えた時は > USBフラッシュメモリ

USBフラッシュメモリ

USBフラッシュメモリは持ち歩きが便利なものですね。

フロッピーディスクやCD-Rなどに代わる、手軽なメディアとして幅広く使われています。

パソコンの携帯型記録装置として、またデジタルカメラや携帯音楽プレーヤーなどデジタル機器の記憶媒体として、急速に普及しているUSBフラッシュメモリ。

最近では可愛らしいデザインの物もたくさんあり、大容量の物が安価で売られていますよね。

しかし、持ち歩きの際に発生する衝撃などで破損することもあります。

また、フラッシュメモリの特性上、使用途中でディスク内部のデータが初期化されるなどの障害がおきる場合もあります。

そんなことがあってデータが読み取れなくなったとしても、データを復元できる可能性は残っています。

USBフラッシュメモリのデータ復元をしてくれる業者がいるのです。

メモリを間違ってフォーマットしてしまった場合や、フォーマットした後に新たにデータを保存したという場合でも、データの復元が可能です。

フラッシュメモリ内のデータを削除した場合は、一般のハードディスクと同じく、メモリ内の構成情報を再構成することで、以前のデータを復旧します。

また、電気的衝撃や外部衝撃、浸水などによってメモリが破損された場合は、メモリ内部のデータを取り出し、復元することができます。

そういった作業には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

USBフラッシュメモリの容量や機種、もちろん業者によってもさまざまですが、論理障害ですと2万円前後が相場のようです。

物理障害の場合は5万円~10万円ほどかかります。

決して安くはありませんね。

データの復元業者を選ぶ時、データ復旧が出来なかった場合は費用は発生しないという、「成功報酬制」を採用している業者を選ぶのがポイントです。

あとは月並みですが、バックアップを取っておくことですね。