Top > パソコンを変えた時は > ユーザー辞書

ユーザー辞書

新しく購入したパソコンには、使い慣れた古いパソコンのユーザー辞書を復元したくなります。

使い慣れたパソコンには辞書ファイルに独特な読みの漢字が登録されていたり、ユーザーが変換した単語を次回から候補のトップに表示してくれたりしますからね。

また、文節の区切り方なども、パソコンは学習しています。

長い間使っていた日本語入力ソフトは、よく変換する単語を覚え、どんどん使いやすくなります。

これらの内容を新しいパソコンに復元できるのであれば、お願いしたいところでしょう。

そこで新しいパソコンに、効率よい環境を求めるべく、古いパソコンのユーザー辞書を復元しましょう。

そもそもパソコンで日本語が入力できるのは、日本語入力ソフトが入っているからです。

Windowsやmicrosoft Officeには「microsoft IME」が搭載されています。

ジャストシステムの一太郎には「ATOK」が搭載されています。

これら日本語ソフトは、使えば使うほどユーザーの使い方を学習して使いやすくなるようにできているのです。

日本語入力ソフトが学習したデータは「ユーザー辞書」に登録されます。

ユーザー辞書は1つのファイルになっているので、それを移せば、新しいパソコンで復元できます。

ただし、ユーザー辞書をそのまま利用できるのは、同じ日本語ソフトの同じバージョンだけです。

古いバージョンや他のソフトのユーザー辞書を使う場合は、新しいパソコンの日本語入力ソフトでの登録作業が必要となるので、注意しましょう。