Top > パソコンを変えた時は > 新しいパソコンで、古いWindowsのデータを使う

新しいパソコンで、古いWindowsのデータを使う

新しいパソコンを購入した時には、古いパソコンからデータを移動しますね。

古いパソコンに入っているWindowsの使い慣れた設定を、新しいパソコンに復元しないと使いよくならないからです。

WindowsXPには「ファイルと設定の転送ウィザード」という機能がついています。

これを使うと、簡単に古いパソコンから新しいパソコンにさまざまな情報を引き継ぐことができます。

この機能をつかって、新しいパソコンに使い慣れた環境を復元しましょう。

転送元の古いパソコンがWindows98/Me/2000などの場合には、フロッピーディスクから「ファイルと設定の転送ウィザード」を実施します。

このフロッピーディスクはあらかじめ、WindowsXPのパソコンで作っておきましょう。

WindowsXPでない、古いパソコンの設定を新しいパソコンに復元するためには、まず、WindowsXPを購入することから始めなくてはいけないということになります。

注意しなければならないのが、初期のWindowsXPの「ファイルと設定の転送ウィザード」には不具合があるということです。

この不具合を解決するために「サービスパック」という修正ソフトをインストールする必要があります。

このソフトはインターネットからダウンロードできます。

「ファイルと設定の転送ウィザード」で転送できる項目は、インターネット接続の設定や壁紙、スクリーンセーバーなど多岐にわたります

また、設定だけでなく、アプリケーションのデータ、フォルダ、ファイルも新しいパソコンで復元することができますよ。