Top > パソコンを変えた時は > パーティションを分割しておく

パーティションを分割しておく

1台のハードディスクを複数のブロックに分割することができます。

これにより、複数の仮想的なハードディスクとして利用することができるようになります。

このブロックのことを「パーティション」と呼びます。

一般的にパーティションはシステムパーティションとデータパーティションに分割されます。

システムパーティションとデータパーティションを分割することで、パックアップと復元が効率よく行えるというわけですね。

例えば、データをバックアップする場合は、データパーティションを選択し、適切なバックアップデバイスへドラッグするだけで済んでしまいます。

つまり膨大なフォルダの中から、必要なデータだけを選び出す手間が省けるというわけです。

復元する時も同様に、ドラッグひとつでデータを復元することができます。

一方、システムパーティションをバックアップする際は、データパーティションほど作業は単純ではありません。

しかし、データファイルとシステムファイルが分離さえしていれば、バックアップ対象のファイルを必要最低限に抑えられます。

OSを再インストールして復元する際も、バックアップと同様のことがいえます。

データファイルとシステムファイルが同じパーティションに混在している環境では、フォーマットするとデータが消えてしまうので、データのバックアップと復元という作業が必要になります。

システムパーティションとデータパーティションが分離されていれば、データパーティションのバックアップは基本的に不要なのですね。

システムパーティションのみフォーマットし、再インストールして復元すればよいのです。