Top > パソコンを変えた時は > システムパーティション

システムパーティション

再インストールしてパソコンを復元するときには、さまざまなファイルをバックアップしておきます。

必要なファイルを考えていくと、パソコンの状態を元通りに復元するためには、システムパーティション内のファイルはすべて必要ということになります。

そのため、通常はシステムパーティションをすべてバックアップしておくのです。

そして、パソコンに不具合が生じたらバックアップしたものをそのまま書き戻して復元するというわけです。

そうすると、パックアップした時の動作環境がほぼ完璧に復元できますよね。

市販のバックアップツールのほとんどは、システムパーティションをそのままバックアップすることをサポートしています。

そしてウィザードを見ながら質問に答えていく、という方式で簡単にバックアップが実行できるようになっています。

パソコンの復元に備えて、日ごろからシステムパーティションのバックアップを取っているという方は多くいると思います。

しかし、システムパーティションをそのままバックアップする方法では、最終バックアップ以降にインストールされたアプリケーションや変更された各種設定は復元されませんね。

そのため、しょっちゅうバックアップを行うことになってしまいます。

毎回フルバックアップをしていては、時間がかかりすぎてしまいますよね。

バックアップツールによっては、最初だけフルバックアップを行い、それ以降は追加や変更されたファイルをバックアップする方法をサポートするというものもあるようです。

このように、「差分バックアップ」や「増分バックアップ」をサポートしているものを使用すれば、バックアップにかかる時間を短縮できますね。