Top > 削除データ > デジタルカメラデータ

デジタルカメラデータ

大切な記念写真のファイルを誤って削除してしまったり、突然のエラーでデジタルカメラの画像ファイルが丸ごと消えてしまったり、ということはよくあるものです。

例えば、旅行で撮った大切な写真の画像ファイルを間違えて削除してしまったり、1コマ消すつもりが誤操作で全消去してしまったり。

また、フォーマットしたSDカードに重要なファイルが入っていた、なんてこともあります。

そんなことがあっても、たいてい画像データは復元できます。

復元ソフトも市販されていますし、復元してくれる業者もいます。

それにしても、なぜ消してしまった画像データを復元できるのでしょうか。

まず、デジタルカメラで写真を撮ると、本来の画像のほかに、その画像がメディア内のどこに入っているかを示すINDEXデータが作成されます。

画像データを削除すると、このINDEX部分の画像データに、削除という情報が書き込まれます。

その結果、デジカメやパソコンでは、削除の情報が書き込まれた画像を見ることができなくなるのです。

しかし、見られなくなるだけで、この時点では画像データは残っています。

復元ソフトはその「削除」としう情報を取り去る処理をするようですね。その結果、画像データは復元されるというわけです。

しかし、撮影し続けていて、記録範囲に新しい画像データが上書された場合は、修復不可能となるようです。

再度撮影した場合でも記録範囲が重複していなければ復元できる、というわけですね。

市販のソフトは5千円程度で売られていますよ。