Top > 削除データ > ごみ箱から

ごみ箱から

パソコン内の不要なデータはごみ箱に移動して削除します。

デスクトップ画面にある 「ごみ箱」 に移すことで、そのファイルを削除することができます。

しかし、誤操作によってごみ箱に移動された場合や、やっぱり必要だったデータであれば、復元することができます。

ごみ箱の中にある削除されたデータを元の場所に復元するのは簡単です。

ごみ箱の中の削除されたデータを選択し「ファイル」>「元に戻す」という操作で元の位置に復元できます。

また、削除されたデータを選択し、「右クリック」>「元に戻す」という操作でも元の位置に復元できます。

「ごみ箱」に入っているものは完全に削除されたわけではなく、もう1度利用したい場合などに元の場所に復元して再度利用することができるのです。

「ごみ箱」を選択して右クリックした後、表示されたメニューの「ごみ箱を空にする」をクリックしない限りは、復元が可能です。

しかし「ゴミ箱を空にする」作業をすると、ごみ箱の中のデータは完全になくなり、元に戻すことができなくなります。

ごみ箱から完全に消去されてしまったデータを復元するには、市販のデータ復元ソフトなどを使用します。それである程度の復元は可能です。

しかし、完全に削除されたデータを、完全な状態で元に復元することは非常に困難です。

そのため、不要と判断されたデータであっても、ある一定期間はごみ箱に入れておくほうが賢明ですね。

しばらくしで、やっぱり必要だったということはよくありますからね。