Top > 削除データ > なぜできる?

なぜできる?

パソコン内にあるファイルやデータは、いずれ削除します。

ごみ箱から完全に削除したつもりでも、復元ソフトを使用すれば、削除したデータを復元できる場合があります。

なぜ、削除したファイルやデータを復元できるのでしょうか。

パソコン内のファイルやデータを削除した時、実は消えるわけではなく、そのファイルやデータに削除マークが付けられるのです。

削除マークが付けられたファイルやデータは画面で見ることができなくなります。

パソコンを使用する側としては、ファイルを画面上で確認できないので削除されたものと考えますよね。

しかし、ファイルやデータは画面上で見ることができなくなるだけで、パソコン内には残っているのです。

一方、パソコンのハードディスクにデータを書き込む時、パソコンはハードディスクの未使用領域にデータを書き込んでいきます。

削除マークが付けられたファイルやデータは未使用領域と判断されます。

そのため、新しいデータがその未使用領域に上書きされるまでは、パソコンの中に残っているというわけです。

ですから削除してしまったファイルやデータを復元しようとするなら、新しいデータが書き込まれる前復元しないといけないというわけですね。

データやファイルを復元する方法はいろいろあります。

市販のファイル復元ソフトを使用してもよいですし、
ファイルやデータの復元を専門としている業者さんにお願いしてもいいでしょう。

業者さんにお願いする場合は、それなりの費用がかかります。一般には復元ソフトを使用することが多いようですね。