クラッシュに備えてバックアップを

クラッシュに備えてバックアップを

HDがクラッシュするというのは、突然やってくることです。

そういうときに備えて、普段からバックアップをしておく必要があります。

バックアップを取るのには記憶装置が必要です。

記憶装置とは、「CD-ROM」、「CD-R/RW」、「DVD-ROM」、「DVD-R/RW」、「DVD-RAM」等の事を指します。

これらは、光学ドライブと呼ばれるものです。

CD-ROM、DVD-ROMの二つはROM=Read Only Memoryの通り、読み込み専用の記憶装置です。

これらの記憶装置が使える様に、コンボドライブと表示されるパソコンか、「CD-RW/DVD-ROM」というように、並べて表示してあるものを買った方が良いでしょう。

また、DVDの編集をしたい方は、DVD-RWもしくはDVDマルチができるものを購入する事をおすすめします。

外付けのHDというのは、内蔵型のHDに対して「パソコンの外に付ける」ということでそう呼ばれます。

通常、デスクトップでは3.5インチ、ノートでは2.5インチのHDが内蔵されています。

しかしパソコンを使っている人にとっては、扱うデータによって容量が足りなくなるケースがあります。

そういうときに便利なのが外付けのHDです。

また、FDD(フロッピーディスクドライブ)は昔からある記憶装置です。

現代では容量が少ないため、保存媒体にはあまり向かないと思います。

MOドライブというものもあります。FDDに比べて保存容量が大きいので、バックアップを取るのにはいいかもしれません。

容量は128MB~1GBを超えるものもあります。

2008年6月 3日|