クラッシュしたらデータは?

クラッシュしたらデータは?

パソコンのデータが消えてしまう、なんてことはあるんでしょうか。

例えばHDがクラッシュしてしまった、など不安要素はあると思います。

ハードディスクはそうそう壊れないものと思いがちですが、実は消耗品扱いなんですよね。

消耗品ですから、いつかは必ず壊れる時がくるのです。

壊れたらもちろん、中のデータは消えてしまいます。

最近のパソコンは優秀ですし、ディスクの容量が増えていますので、ついついたくさん保存してしまいますよね。

バックアップはきちんとやっておかないと、いざというときに大変です。

ハードディスクのクラッシュというのは簡単に起きるものです。

起動中のパソコンのハードディスクに振動を与えるとクラッシュしますし、起動中に電源をブチッと切っても、クラッシュの原因となります。

こんな簡単なことでクラッシュしちゃうのか、と思うようなことが原因だったりするものです。

ハードディスクのヘッドは、起動していないときは退避エリアにあります。

ですから動作していない時の振動でクラッシュすることはまずないのですが、動作中は振動によってすぐにクラッシュしてしまうのです。

というわけで、バックアップは非常に大事だということですね。

ハードディスクの寿命は、一般的に「5年程、時間にして2万時間程度」といわれています。

2008年6月 7日|