クラッシュした時の話

クラッシュした時の話

HDがクラッシュするときの症状には色々あります。

経験したものでいえば、Windowsのエクスプローラを起動したところ、OSがいきなりフリーズしました。

再起動しようかと思うのが普通だと思います。私もそうしました。

でもそのときハードディスクから「カッコン、ガー」などと嫌な音が聞こえていました。この時点でかなり不安でしたよ。

その状態で再起動したら、起動中にまたまたフリーズ。HDからは異音が出ている、という状態でした。

どうやらHDがクラッシュしていて、起動のためアクセスするときにフリーズするようだ、と思いました。

仕方ないのでパソコンの電源を落とし、HDを物理的に切り離して起動してみると、今度は起動しました。

試しにHDを調べてみると、熱くもないし基盤も異常なさそうです。

チップもどうにもなっていません。

となると目に見えない内部で、ヘッドがディスクにクラッシュしているという種類のトラブルだろうと思われました。

今回クラッシュしたディスクは購入したばかりのパソコンなので、まだデータも少なかったのが幸いでした。

購入したばかりのHDがクラッシュするなんて、と思ってしまいますが、周りに聞くとけっこうあることのようですね。

慎重にするなら、新しいHDは一ヶ月くらい様子を見てから、普段使い用にするといいんだそうです。

使い続けてクラッシュするというよりは、使い始めてすぐクラッシュする事象もけっこうあるんだということが分かって良かったです。

2008年7月11日|