分解するのはお勧めしません

分解するのはお勧めしません

ハードディスクがクラッシュしてしまったらしく、ディスクが認識されない。

他のHDにつなげてみてもダメだった、などという場合、最終手段でハードディスクを分解してみようかと考える人もいるかも知れませんね。

パソコンの電源を入れた際に、全くディスクが回っている音がしないので、電気系統のトラブルなのではないかと考えたり。

そこで、同じハードディスクを買ってきて、それを分解しディスクだけを交換したら使えるようになるのではと考える方もいるようです。

色々試してみようと思うのはいいことですが、これは正直やめておいた方がいいでしょうね。

制御基盤の交換までは丁寧に扱えば大丈夫なものです。

しかしディスクの交換は止めておきましょう。

また、分解をするにしても特殊なねじ回しが必要になりますよ。

手作りPCの部品を扱うようなショップに売っていますが、普通は必要ありませんよね。

自己責任でデータがどうなってもいいからやってみたいというなら別ですが。

仮に移植が上手くいったとしても、データが全て拾い出せるかどうかはわかりません。

確実にしたいなら、やはり業者に頼んだ方がよいでしょうね。

2008年6月22日|