クラッシュしたCドライブを新しくする場合

クラッシュしたCドライブを新しくする場合

HDをC,Dの2つに分けて使用している人は多くいると思います。

DドライブにCドライブのバックアップをさせているという使い方も多いでしょう。

そこで、もしCドライブがクラッシュした際、新しいHDの方をCとして使用したいとします。

でもその場合、どういった手順で進めていけばいいのか分からない方は多いのではないでしょうか。

どんな手順で進めるのか、またデータ圧縮されているのとされていないのでは手順が変わるのか、と考えてしまうかも知れませんね。

こういう場合はこんな手順で進めてみましょう。

バックアップしてあったDドライブの方をマスタードライブとして設定、壊れたCドライブの方をスレーブに設定する事で、起動ドライブを設定する事ができます。

これが一番簡単だと思いますよ。

補足ですがDドライブとして使用していたドライブは、基本区画として作成されていなければなりません。

もし拡張区画として作成し使用している場合は、中に入っているデータを確保した状態では、起動ドライブをマスターに変更する事ができないのです。

基本区画として作成されている場合は、Dドライブのジャンパーが「マスター」であることを確認し、Cドライブと付け替えるようにしましょう。

その際、元のCドライブのHDは外しておきましょうね。

万が一処理を間違えると、せっかく保存しておいたDドライブの方もクラッシュしてしまいます。そうすると、データはもう使えなくなる可能性がありますね。

お勧めとしては新しいHDを購入してきて付け替え、Dドライブから必要なソフトやファイルを移す、という手順でしょうか。

2008年6月 5日|