クラッシュしたときの対応例

クラッシュしたときの対応例

HDがクラッシュしたという経験がある人は、意外とたくさんいるものです。

私が聞いたことのあるクラッシュ後の対応例をご紹介します。

OSはWin98でした。起動時にHDが変な音がして、起動しなくなりました。

その後新しいHDを購入して取り付け、Win98を再インストールしました。

その後、クラッシュしたハードディスクをスレーブとして使用しようと思い、パソコンに取り付け電源を入れてみました。

そうしたら、スキャンディスクの画面が表示されてそのまま動かなくなってしまいました。

どうしたのかと思いBIOSで状態を見てみると、新しいHDとクラッシュしたHDはマスター/スレーブとして認識はしています。

しかし電源投入後の画面にはマスターは「None」と表示、スレーブにはクラッシュしているHDが表示されています。

このクラッシュしたHDから、データを取り出したかったので、以下のようにしてみました。

壊れた方のHDDを、セカンダリの方に繋いでみます。

この時点ではまだクラッシュしたHDが完全に壊れているのかどうかは分からないので、一時的にCD-ROMを外し、壊れたHDDだけにしてみます。

BIOSで認識していないドライブというのは、Windowsが起動するまで設定状況が分かりません。

ですから起動中に起こる最初のスキャンディスクでは、スキャンしなくなるというわけですね。

Windowsが起動した後、読み込めたデータをコピーしておいたんだそうです。

2008年6月 5日|