クラッシュ修理時、データを見られたりしないの?

クラッシュ修理時、データを見られたりしないの?

ノートパソコンも購入して何年か過ぎれば、クラッシュの危険性も考えるようになりますね。

まだクラッシュを経験した事が無い人でも、扱うデータなどが増えるとクラッシュしたらどうしようか、と考えるようになることでしょう。

もしクラッシュしたら、業者などに修理を依頼することになるでしょう。

その場合ディスクの中身、ファイルの中身など業者に見られてしまうのではないかという不安もありますよね。

恥ずかしいものはなくても、仕事上のものであればそうそう人に知られたくはないものが多いので、中身を見られることが一番心配なものです。

クラッシュしたということは、ハードディスクが壊れてしまっているわけです。当然交換しなければなりません。

壊れたハードディスクは廃棄処分ということになります。

クラッシュしたハードディスクのデータを再生するのはかなり難しいことです。

ですから、いちいちそのファイルの中身を見るような人がいるとは思えませんね。

でも、これはハードディスクが壊れているときに限っての事で、もしハードディスク以外の部分での修理の場合は、中身がみられるということもあるでしょう。

まぁ、たとえ見られたとしてもシステム領域だけなのではないかと思います。その辺は良心の問題ですよね。

重要データが無くなったら、精神的にかなりダメージが大きいですね。

そうならないためにも外付けのHDDや外部メディア(CD-Rなど)にバックアップを取るのが賢明でしょうね。

またパソコンを新しいものに買い換えた時、古いほうをバックアップ用として利用するのもいいでしょう。

2008年6月13日|