SDカードを上手に使おう!

本当に必要な記録メディアを知ろう。

日常生活の中で、よく利用しているメディアというものは色々あります。

例えば少し昔なら、音楽はカセットテープに録音したり、映像はビデオテープに録画したりしていました。

今考えると、取扱や保存にも気を遣わなくてはならず、溜まってくると場所もとるし、けっこう大変だったんですね。

たくさんのビデオテープ

現在では、音楽は携帯電話や携帯オーディオプレーヤーに取り込んで聴きますし、記録するメディアもSDカードなど小型のものがほとんどになりました。

また、映像の撮り方・保存方法もかなり変わりましたね。

今ではほとんどの家庭で、子どもの運動会や家族の旅行などの際に活躍するのは写真を撮るカメラではなく、ビデオカメラでしょう。

ビデオカメラ

こちらの保存にも、もうビデオテープなど利用されているところは少ないでしょう。

革新的な技術の進歩により、大容量の記録メディアが安価で手に入るようになりました。

しかし次から次へと開発されていくメディアの中で、今の自分に必要なもの、適したものは何かがわかりづらいというのもまた事実です。

好きな製造メーカーがあり、絶対にそのメーカーのものでないと買わないというのであれば、使用するメディアも互換性のあるものだったりしますが、ほとんどの人はメーカーにはあまりこだわらず、機能と価格を比較して選んでいるのではないかと思います。

その結果、家には互換性のないメディアがあっちにもこっちにもたくさんある、なんてことになっていたりします。

このサイトでは、現在記録メディアとしてデジタルカメラや携帯電話に広く採用されているSDカードについて、その成り立ちや互換性についてのお話をしています。

SDカード

より無駄なく、便利にメディアを利用するために、ぜひSDカードのことをもっと知ってください。