記録できる量ってどれくらい?

記録できる量ってどれくらい?

SDカードにはさまざまな情報を保存しておくことができます。

SDカードには、いったいどれくらいの情報量を保存しておけるのでしょうか。

一般にSDカードに保存しておくのは、ダウンロードした音楽やデジタルカメラで撮影した写真などだと思います。

128MBのSDカードであれば、音楽を約2時間分記録させることができます。

曲の長さにもよりますが、一般的な曲数にして24曲から30曲といったところでしょうか。

また写真なら、100万画素のデジタルカメラで撮影したデータを約350枚記録させることができます。

1GBのSDカードではどうでしょうか。

なんと時間数にして約17時間分の音楽データを記録させることができます。

曲数にして200曲から250曲くらいですよ。大変な量ですよね。

100万画素のデジタルカメラのデータなら、2800枚分のデータを記録できることになります。

300万画素で撮影したデータであっても、約1000枚分は記録できることになります。

では更に大容量の、2GBのSDカードではどうでしょうか。

単純に1GBの倍になりますよね。

約34時間分の音楽データ、これは400曲から500曲分に相当します。

100万画素のデジタルカメラデータなら5600枚分、
300万画素なら約2000枚分は記録できることになります。

ちょっとやそっとでは、容量が足りなくなりそうもありませんね。

2008年6月22日|