デジタルカメラのメモリーとして

デジタルカメラのメモリーとして

新しくデジカメを買う時、好きなメーカーや機能によって選ぶことが多いと思いますが、使用しているメディアもそれぞれ違うので、迷うことがあると思います。

値段的にも機能的にも優れているメディアは何でしょうか。

デジカメで使用されるメディアには、SDカード、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュなどさまざまなものがあります。

SDカードはデジタルカメラだけでなく、携帯電話などでも多くのメーカーに採用されています。

それに対して、スマートメディアは現在のデジタルカメラには採用されていないようです。

一方、コンパクトフラッシュはデジタル一眼レフカメラには多く採用されているようですね。

値段の安いコンパクトカメラには、コンパクトフラッシュは採用されていないようですよ。

ただし、メディア自体のの値段を比較すると、コンパクトフラッシュが一番安いようです。

今現在ではメディアとしてSDカードを採用しているメーカーが一番多いようです。

価格もコンパクトフラッシュの次に安いですね。

メディアを決めてからカメラを選ぶという人は少ないかもしれませんが、対応機種が多いので、選択肢も多いと思います。

SDカードを採用している機種が多いのですから、その中から選んでみてはどうでしょう。

次にデジカメを買うときにも、使用しているSDカードが使いまわしできますからね。

メモリースティックはソニーが開発し、ソニーのみで使われているメディアです。

xDピクチャーカードを採用しているメーカーはフジとオリンパスのみです。

採用メーカーが少ないということは、流通量も少ないわけで、結果として値段が高くなってしまうのですね。

2008年5月28日|