microSDカード

microSDカード

SDカードをminiSDカードよりもさらに小型化したものに、microSDカードがあります。

microSDカードは、2005年7月にSDアソシエーションが発表した規格のものです。

SDアソシエーションとは、SDカードの技術標準化を図ったり、普及の促進を図っている団体です。

SDカードのサイズを縮小したものがminiSDカードになり、それをさらに小型化したものがmicroSDカードだというわけですね。

現在のところ、microSDカードの主な用途として、携帯電話のメモリカードとしての利用などが挙げられます。

microSDカードのサイズは縦15mm×横11mm×厚さ1.0mmで、重量は約1g以下という小ささです。

SDカードよりはるかに小さく、1/4程度。

現在、一般的に使用されているリムーバブルメディアの中で寸法が最も小さいものです。

最大容量は2GBであり、それ以上の容量を持つメディアは別で、microSDHC規格になります。

miniSDと同様に、専用のアダプターを使用することでSDカードスロットを利用し読み込み・書き込みができます。

SDカードの規格と互換性があるから可能となったわけですね。

microSDカードを専用のアダプターに接続すれば、SDカードやminiSDカードとして利用することが可能なのです。

2008年5月29日|