miniSDカード

miniSDカード

SDカードの小型版にminiSDカードというものがあります。

SDカードのサイズを縮小したもので、2003年にアメリカのSanDisk社が発表しました。

miniSDカードの主な用途は、携帯電話のメモリカードとなっています。

そのため小型のものは大人気になり、SDカードの売り上げのうち、miniSDの占める割合が半分以上になった時もあるようです。

サイズは縦21.5mm×横20mm×厚さ1.4mmで、重量は約1g。

発表時においてはその大きさは世界最小というものでした。

面積が、それまでのSDカードに比べて40パーセントも減っていたのです。

しかも、データ転送速度、コントローラIC、動作電圧などは従来のSDカードのそれと同様な性能です。

ただし、面積が小さいため、ライトプロテクトスイッチ(書込み防止装置)を付けることはできないようですね。

また、専用のアダプターに接続すれば、SDカードとしても利用できます。

つまり、これまでのSDカードスロットと専用アダプターを併用すればminiSDが使えるというわけですね。

こちらにはライトプロテクトスイッチが付けられています。

実際にminiSDカード製品を購入すると、こうしたアダプターが同梱されている場合が多いようです。

将来の拡張性などを考慮した結果、miniSDカードでは、インターフェースピンが2ピン追加されました。

そのため、11ピン端子となっています。

2008年5月29日|