SDHCメモリーカード

SDHCメモリーカード

上位規格のSDカードに、SDHCメモリーカードというものがあります。

SDHCメモリーカードは4GB以上の容量を持っています。

従来のSDカードには、ファイルシステムとしてFAT16またはFAT12が使用されていたため、最大容量は2GBまでに制限されていました。

しかし、SDHCメモリーカードではFAT32に変更され、4GBを超える容量が実現できたというわけです。

また、SDHCメモリカードはデータ転送の速度が階級ごとに分けられています。

それぞれの階級では、データ転送速度の最低値が保証されています。

例えば、Class2ならば2MB/秒以上、Class4ならば4MB/秒以上、Class6ならば6MB/秒以上の転送速度が保証されているのです。

SDHCメモリーカードの本体には、そのカードがどの階級に属しているかを表示されています。

その結果、ユーザーは利用目的に合わせて製品を選択できるようになりました。

なお、カードサイズは縦32mm×横24mm×厚さ2.1mmでSDカードとまったく同じです。

サイズ、ピン数は変わりませんが、SDHCメモリーカードで使用しているファイルシステムはSDカードとは違うので、SDカード用の機器は使えない場合があります。

SDHCメモリーカードを使用する時は、機器がSDHCに対応しているかどうかを確かめましょう。

SDHCメモリーカードに対応している機器は、SDカードも使用することができるのが一般的です。

2008年6月 7日|