smartSD

smartSD

smartSDというものがあります。

smartSDは、ICカード機能を併せ持つSDカード。

MOPASSカード規格に基づき設計されています。

松下電器産業が開発し、2005年頃から一般に流通していますね。

smartSDの特徴は、メモリカードとしての機能に、非接触ICカード機能を加えたというところです。

例えば、smartSDを搭載した携帯電話をICカードリーダーにかざします。

すると、料金を支払ったり、ポイントをためたりすることができるのです。

もちろん、SDカードとしての機能も備わっています。

smartSDに、撮影した写真データを記録しておくこともできます。

このあたりは普通のSDカードと全く同じですね。

smartSDは形状として、SDカードタイプとminiSDカードタイプの2種類があります。

どちらもメモリカードそっくりの大きさと形状です。

この大きさのカードの中に、SDカードと同様にコントローラとメモリとコントローラが搭載されているのが凄いですよね。

miniSDカードタイプのものは、大きさの制限からカード内にアンテナを搭載していません。

そのため、ICカードとして利用する時には、機器側にアンテナを搭載しているものを選ばなくてはならないのです。

それに対してSDカードタイプのものはアンテナをカードの中に搭載しているので、機器側にアンテナは必要ないということになりますね。

2008年6月10日|