応用規格ってなに?

応用規格ってなに?

SDカードの応用規格とは、SDカードに格納されている情報を、他の機器と共有できるようにするための規格です。

動画データに関するフォーマットを定めたものと、写真データに関するフォーマットを定めたものがあります。

動画データに関するフォーマットを定めた規格はSD-Video規格といいます。

SD-Video規格は動画データを記録する時や、再生する時に利用されるフォーマット。

この規格では、SDカード内の専用フォルダに動画データを記録するようになっています。

動画の圧縮に利用できる方式は、MPEG-2、MPEG-4となっています。

また、著作権を保護する技術であるCPRMにも対応しており、不正コピーも防いでいます。

写真データに関するフォーマットを定めた規格はSD-Picture規格といいます。

SD-Picture規格は写真データを記録・再生する時に利用されるフォーマットです。

こちらも、SDカード内の専用フォルダに写真データを記録するようになっています。

写真データの圧縮に利用できる方式は、JPEG、Motion JPEGです。

こちらもCPRMに対応しており、不正なコピーを防いでいるといます。

SD-Pictureが使われているものには、デジタルカメラ、カメラ機能がついた製品、プリンタなどがあります。

2008年6月 6日|