メモリーカード

メモリーカード

SDカードとは、フラッシュメモリに属する記憶装置で、SDメモリーカードともいいます。

テレビなどの家電機器からデジタルカメラ、携帯電話などなど、さまざまな領域で幅ひろく利用されています。

記憶媒体として書き換え可能な磁性体(フラッシュメモリ)を採用した小型の記憶装置全般を、メモリーカードといいます。

持ち運びやすいよう小型化されているうえ消費電力も抑えられているため、デジタルカメラや携帯電話、携帯オーディオなど小型の機器にも利用されています。

SDカードを含め、メモリーカードにはさまざまな種類があります。

大きさや重さといった形状の違いはもちろんのこと、データを読み書きする速度や著作権保護機能の有無など、それぞれ違いがあります。

ですから用途や機器に応じて、使い分ける必要がありますね。

SDカードを含めたメモリーカードが普及した理由には、持ち運びのしやすさや消費電力の少なさが挙げられます。

また、読み書きに駆動装置が不必要、ということも挙げられます。

ハードでディスクなどは、ディスクを回転させるための台やディスクから情報を読み取る装置などが必要なため、ある程度の大きさになるのは仕方ないのです。

しかし、メモリーカードならば場所をとらずに済む、ということです。

メモリーカードにはSDカードのほかにスマートメディア、コンパクトフラッシュ、マルチメディアカード、メモリースティックなどがあります。

これほど種類が多いと、どれを選んだらよいのか非常に迷いますが、利用目的や採用機種の多さなどを考慮して選んでいきましょう。

2008年5月27日|