miniSDカードの変換アダプター

miniSDカードの変換アダプター

miniSDカードというのは、SDカードを小型化したものです。

大きさを比較すると、SDメモリーカードのサイズは縦32mm×横24mm×厚さ2.1mm。

それに対してminiSDカードのサイズは縦21.5mm×横20mm×厚さ1.4mmです。

変換アダプターを使用することにより、SDカードとminiSDカードの間で、データのやりとりを行うことが可能です。

携帯電話などで撮影した写真データを、パソコンに取り込みたいということがあったとします。

このような時も、変換アダプターを使用すれば簡単に行うことができるのです。

手順は、まず携帯電話で使用されているminiSDカードを取り出します。

そして、miniSDカードに変換プラグを接続し、パソコンのSDカードスロットに差し込めばよいのです。

同じような方法で、いろいろな情報を携帯電話からパソコンに移動することができます。

たとえば携帯電話内の住所録やアドレス、電話番号などですね。

SDカードとminiSDカードには互換性があります。

そのため、変換アダプターを使用すればminiSDカードをSDカードとして使用することができます。

SDカードと同じ大きさの変換アダプターにminiSDカードを差し込んで使うのです。

形や大きさはSDカードですが、中身はminiSDカードというわけですね。

この変換アダプターを使用すれば、SDカードを持ち歩く必要はなくなってしまいますね。

2008年7月13日|