SDカードを変換するアダプター

SDカードを変換するアダプター

メモリーカードには、SDカード・コンパクトフラッシュ・メモリースティックなどなど、色々な種類があります。

これらのカードは形や大きさ、構造などがそれぞれ違うものになっています。

メモリーカードを使用する代表的なものに、デジタルカメラがあります。

そのデジタルカメラにも、コンパクトカメラと一眼レフカメラがあります。

それぞれどういうメモリーカードを使っているかというと、コンパクトカメラにはSDカード、一眼レフカメラにはコンパクトフラッシュが使われていることが多いようです。

デジタルカメラを2台持っている、それもコンパクトカメラと一眼レフカメラを持っているとします。

この時は、SDカードとコンパクトフラッシュの両方が必要ということになります。

しかし2種類のメモリーカードを持ち歩かなければならないのは、なんだかとても不便な事のような気がしますよね。

そんな時は、SDカードをコンパクトフラッシュに変換するアダプターを使用してみるのはどうでしょうか。

多くのメーカーから、様々な種類の変換アダプターが発売されています。

パソコンショップやカメラ屋さんなどで手に入ります。

このアダプターを使用すれば、SDカードをデジタル一眼レフカメラで使用することができるようになります。

SDカード対応のコンパクトカメラを持っていて、追加でコンパクトフラッシュ対応の一眼レフカメラを購入する、なんて時には、コンパクトフラッシュへの変換アダプターを同時に購入するのがいいですね。

2008年7月 4日|