CPRM技術によって不正コピーを制限している

CPRM技術によって不正コピーを制限している

SDカードにはCPRM技術という著作権に保護に関する機能が採用されており、不正にコピーを行えないようにしています。

そのため、SD-Audioデータなど著作権が保護されたデータを取り扱う際には、著作権が保護できるような機器を利用する必要があります。

もし、パソコンのSDスロットが著作権を保護できない場合は、著作権を保護できるリーダーライター等を利用しなくてはなりません。

CPRMとは、もともとDCDで使用されてきたセキュリティー技術を、SDカードで利用できるように拡張された技術のことです。

4C(IBM, インテル、東芝、松下電気産業)により作られたライセンスです。

SDカードは隠し領域を作って、その中で著作権に関する情報を管理しています。

隠し領域であるため、通常のアプリケーションからはアクセスできません。

このような方法でコンテンツの著作権を保護しているのですね。

記録時には、パソコンなどのホスト機器はデバイス鍵と呼ばれる鍵を使い、SDカードに鍵をかけます。

鍵をかけた後、SDカードのメディア固有鍵というものを作成します。

コンテンツを暗号化したのち、隠し領域でない通常の領域に記録するのです。

再生時には、パソコンなどのホスト機器が、デバイス鍵を用いてメディア固有鍵を作成します。

そして、そのメディア固有鍵を用いてSDカードの鍵を開けるのです。

例えば、パソコンで音楽データをコピーしたとします。

この時、SDカードの隠し領域に記録されている「鍵」までコピーすることはできません。

そのため、コピーはできたとしても、再生ができないということになるわけですね。

2008年6月16日|