SDスピードクラス

SDスピードクラス

SDカードの表記で、データ転送速度に関しては、これまで各会社によって異なっていました。

しかし、実際に使用するとき、その性能が出ているのかどうかは、よくわかりませんでした。

そこで、SDアソシエーションは「SDスピードクラス」を定めることにしたのです。

これはデータ転送速度の目安となるものです。

この規格によって、SDカードの対応機器やSDカードが、それぞれの商品に「SDスピードクラス 」を表記することになりました。

これによって、転送速度によってカードを選択することが簡単になりました。

現段階で規格化されているものはClass2、Class4、Class6の3種類です。

保証される読み書き時のデータ転送速度としては、Class2で最低2MB/秒以上、Class4では最低4MB/秒以上、Class6では最低6MB/秒以上です。

この書き込み時や読み込み時の転送速度によって、SDカード対応機器やSDカードは各クラスに振り分けられます。

そして、どのクラスに属しているかを、製品やパッケージにマークを書き込むことになっています。

動画撮影をしたり、デジタルカメラで連写したりする時は、カードに連続的に大量のデータが書き込まれます。

そのため、ある一定以上のデータ転送速度が必要になりますよね。

SDスピードクラスに対応した製品であるならば、転送速度が明示されているため、製品の選択を簡単かつ間違えずにできるようになったというわけです。

2008年5月30日|