SD-Audio規格

SD-Audio規格

SDカードの応用規格に、SD-Audio規格というがあります。

これは格納フォーマットに関する規格で、音楽のデータを記録・再生する時に利用されています。

音楽データの著作権に関する保護に配慮している点が特徴である規格です。

SDカード内に音楽データを格納するとします。

その際に選択できる圧縮方式はAAC、WMA、MP3のいずれかですね。

その時、パソコンは音楽データを変換してファイルを作成し、そのファイルを暗号化することでSD-Audio形式にします。

著作権保護はCPRMともいいます。

CPRMはContent Protection for Recordable Mediaの略です。

インターネットから購入した(ダウンロードした)音楽データを聴くことがあると思います。

この場合、きちんと聴くことができるのは、SD-Audio形式によってSDカードに記録できるものに限られるというわけですね。

SDカードのアプリケーションに関する規格は他にもありますが、最初に作られたのがSD-Audioでした。

これが作られる前は、音楽データの著作権は保護されていない状態でした。

その状態に危機を感じたアメリカの音楽に関わる人たちが中心になって、著作権保護に関する規格を作る団体が設立されました。

そして、その団体が制定したものが、SD-Audioというわけです。

SD-Audio規格のファイルフォーマットはMP3のような圧縮形式とは違うんだそうです。

2008年6月 3日|