SDIO規格とは

SDIO規格とは

SDIO規格というものがあります。

SDカードはメモリカードの一種ですが、SDIO規格はSDカードと同じインターフェースを利用するための規格です。

SDカードと同じようにデータを入れたり出したりすることが可能な周辺機器の、規格のことです。

つまり拡張カードに利用する際、SDカードと同じ端子を使えるようにするための規格というわけですね。

差込口であるカードスロットはSDIOスロットと呼び、拡張カードのことはSDIOカード呼びます。

SDIO規格に基づいて作られたカード型の機器は、一般的にSDIOカードと呼ばれています。

SDカードの主な用途はデータを記録することですが、SDIOカードを追加利用することで、データ記録に加え様々な機能を利用できるのです。

追加利用できる機能はSDIOカードの種類によって異なります。

例としてはGPSシステム、PHSなどを用いた無線通信機能、ワンセグチューナー、などがあります。

SDカードスロットを様々な場面で使用することで、カメラ、Wireless LANなど、利用できる機能は多様に広がります。

SDIOカードを差し込む部分のインターフェースは、SDカードと同じものであればいいようですね。

その他の部分はどのような形をしていても良いのですが、カードスロットがSDIOの規格に準じていない場合は、SDIOを利用することはできません。

SDIO機器は非常に小さいので、主としてPDA端末に接続して使用することが多いようですよ。

2008年6月13日|