SDアソシエーションと東芝

SDアソシエーションと東芝

SDカードの仕様や規格などを定めている団体があります。この団体名はSDアソシエーションといいます。

SDアソシエーションは当初、3社によって設立されました。

3社のうちのひとつは東芝です。

東芝の創業は1875年(明治8年)6月、創立は1904年(明治37年)です。

資本金は2801億円、資産総額は3兆3735億円という巨大企業。

従業員は2007年3月末現在で3万人を超え、年間の売上高は2006年度で3兆5448億円。

文字通りの大企業ですね。

本社は東京都港区芝浦にあります。

「東京電気」という会社と、「芝浦製作所」という会社が合併し、両社の名前をとって「東京芝浦電気」という会社になりました。

意外にも、「東京芝浦電気」から「東芝」という名前に変更したのは、つい20年ほど前のことだそうです。

東芝は日立製作所、松下電器産業と並び、日本を代表する総合電機メーカーとして有名です。

子会社をはじめ関連会社も多くあり、取り扱う製造品は実に多数あります。

テレビやビデオ、冷蔵庫から掃除機まで、家庭で使用する電気器具はほとんど取り扱っているといっていいでしょう。

SDカードをはじめとした電子機器のほかにも、電子レンジ、アイロン、ドライヤー、携帯電話など、数えだしたらきりがありません。

これら身の回りによくある電気器具のほかにも、病院で使用する医療機器や、工場で使用する巨大モーターなどの重電製品の作製もしているのです。

洗濯機や冷蔵庫、電子レンジや炊飯器を思い浮かべてください。

毎日の生活になくてはならないものですよね。

これらの商品を最初に製作したのは東芝なのです。

新しいことやモノを作り出すのが得意な企業のようですね。

2008年8月 3日|