SDアソシエーションとサンディスク社

SDアソシエーションとサンディスク社

SDアソシエーションという団体があります。この団体はSDカードの仕様や規格などを定めています。

SDアソシエーションは当初、3社によって設立されました。

3社のうちのひとつはサンディスク社です。

サンディスク社は1988年にアメリカで設立されました。まだ若い会社なのですね。

本社はカリフォルニア州のミルピタスというところにあります。

設立されてからまだ日が浅いわけですが、2005年には収益が23億ドルにもなりました。

そして全世界に1000人を超える従業員を抱えています。

サンディスク社は主にフラッシュメモリなどを製造、販売している会社です。

SDカードの共同研究を日本の松下電器産業、東芝と行い、これらの企業と合同でSDアソシエーションを設立しました。

SDカードだけでなく、メモリースティックの製造もしています。

メモリースティックは日本のソニーが開発、生産しているメモリです。

そのソニーとメモリースティック事業について、業務提携しているというわけです。

サンディスク社の日本法人もあり、サンディスク株式会社といいます。

こちらは1992年に設立されました。

サンディスク株式会社の主な業務は日本国内においてサンディスク社製の製品の販売、普及だそうです。

サンディスク社で製造されたSDカードやminiSDカードなどのフラッシュメモリ類は、携帯電話、デジタルカメラ、パソコン関連商品、テレビ等、様々な場所で使用されています。

そうとは知らずに使っている人も多そうですよね。

2008年7月24日|