SDアソシエーション

SDアソシエーション

SDアソシエーションという団体があります。これはSDカードの規格や仕様を定めている団体です。

今回はSDアソシエーションの成り立ちについて、お話してみましょう。

SDアソシエーションはSDカードに関する技術の標準化を図っています。

また、各社で製造された製品について、互換性が確保されているかどうかも確認しています。

もちろん、SDカードの普及促進にも尽力しています。

SDアソシエーションは2000年1月に、日本の企業である松下電器産業、東芝、アメリカの企業であるSanDisk社の3社によってアメリカで設立されました。

カリフォルニア州サンラモンに本部が置かれています。

現在では1000社近くの企業が参加しており、世界中のさまざまな産業の企業が会員として加入しています。

会員にはGeneral MemberとExecutive Memberとがあるそうです。

Executive Memberになると、SDカードの仕様等の検討をしたり、投票に参加したりする権利があるのだそうです。

また、下部組織として、技術委員会とマーケティング委員会が設置されています。

年会費はGeneral Member(委員会へ参加することはできず投票権もなし、ライセンスなし)で2000ドル/年。

General Member(委員会へ参加することはできるが権及び投票権はなし、ライセンス込み)で3000ドル/年。

Executive Member(委員会へ参加することもでき投票権も有り、ライセンス込み)で5500ドル/年です。

2008年5月31日|