エクセル変換したデータを文字を認識させるには

エクセル変換したデータを文字を認識させるには

アクセスなどのデータベースで作成したテーブルのデータを、ダウンロードではなくアクセスのマクロ「エクセル変換」という機能を使ってエクセルに落とすとします。

この場合、エクセルシート側で関数(例えばVLOOKUPやSUMIFを使っての集計表などの作成)を使っていると、「#N/Aエラー」とセル上に表示されます。

アクセスからエクセル変換されたデータは文字認識ができないのかと思ってしまいますが、そうではありません。

アクセスからエクセル変換した場合の数値は、書式設定が「標準」となってたのかどうかを確認します。

数値データの場合、エクセルでは右詰表示されますが、アクセスからの変換データは左詰で表示されるということがあります。

右詰めされた数字は、エクセルでは文字列として認識しているので、数値扱いされずに関数を認識しない、ということです。

ですから面倒でも一つ一つの関数式を改めるか、文字列になっている数値を数値扱いに修正して貼り付ける必要があります。

どちらも面倒だという場合は、「VALUE関数」を使って対処できることもあります。

たいがいは、数字が文字列扱いになっていることで関数が認識できないいうパターンが多いものです。

書式を確認し、数値に修正してもう一度やり直してみましょう。