とても便利

とても便利

エクセルでは色々なことができますが、最大の機能は関数です。

関数はとても便利なもの。データーベースを操作したり、顧客管理や在庫管理、売上管理などもこれでできます。

関数と聞くと学生時代の数学の授業を思い出して、なんだかとても難しいと思ってしまう方も多くいると思いますが、実は簡単なものです。

例えば売上管理。以下の関数を使うだけで、簡単にできます。

sum関数  :合計値集計

average関数:平均値取得

count関数 :個数合計集計

vlookup関数:文字列検索

これらの関数を使用するだけで、売上管理だけでなく仕入管理、粗利益計算などができるのです。

また、Excel関数はすべての関数を頭に覚えていなくてもよいのです。

Excelのヘルプでも検索できますし、数式バーをクリックすればしたいことを入力して、ふさわしい関数を探すこともできます。

また、こういったことができないかな、と本やサイトで調べるだけでも、色々な使用例などを調べることができます。

エクセル関数をセル上で使用するにはある決まりがあります。

それは式(関数)の先頭に「@」または「=」を付けて始めなければならないということ。

更に関数を使用する対象のセル、範囲を指定しなければなりません。

関数をあてはめる値の事を「引数」といいます。この引数を元にして、それぞれの関数を使用した計算結果を返してきます。

この引数には数値や文字列、エラー値、参照セルなどを指定します。

関数は難しいものではありません。理屈がわかれば単純なものです。臆せず色々、試してみましょう。