日付の互換性

日付の互換性

エクセル関数では、実在しない日付の「1900年2月29日」を入力すると、日付として認識します。

グレゴリオ暦というものがあり、現在の日付の概念はこのグレゴリオ暦に基づいています。

それは、「4で割り切れる年を閏年とするが、100で割り切れる場合は閏年としない、でも400で割り切れる年は閏年とする」という理論です。

この理論上でいくと1900年は閏年にはなりませんね。

従って「1900年2月29日」という日は存在しないのですが、Excel上では「1900年2月29日」という日付はシリアル値「60」の値として認識します。

つまり「1900年3月1日」以前とそれ以降の日に、1日ずれが出てくるということになります。

1900年という古い日付に関して、何か計算することがあるかどうかは分かりませんが、計算する場合には注意が必要です。

何故こんなことになったのかは定かではありませんが、WEEKDAY関数をExcelで使用すると「1900年3月1日」以前の曜日が正しく認識されないのです。

Excelの日付に関する関数や機能は他の表計算ソフトと互換性があるのですが、たったひとつこの点、1900年に関してだけは、閏年として解釈するような機能になってしまっているようです。

100年以上も前の、1日の日付のことですから、特に困ることはありませんけれどね。