セルの色を判断する方法

セルの色を判断する方法

セルの色を判断してそのデータを抽出するという機能があります。

使いたい機能のひとつだと思うんですが、標準の機能そのままではできません。

しかし関数を使うと実行できます。

今回は、セルの色を指定してデータ抽出をするという方法を紹介します。

エクセルの機能にはオートフィルタという、データを抽出して表示させる機能があります。

これはセルの値によって判断するもので、セルの色によっての判断はしません。

では、どうやってセルの色別に表示させるのかというと、まずセルの色を取得する関数を使うのです。

そしてセルの色別に、値を設定して分けます。

その列を使ってオートフィルタ機能を使うと、結果セルの色別に表示させることができるという事になるのです。

【セルの色(ColorIndex)を取得する関数】
Function iro(objCell As Range) As Integer

 Application.Volatile
 iro = objCell.Interior.ColorIndex

End Function

このコードを使用して、各セルのColorIndex値を取得、表示させます。

例えば、A5のセルの色を取得し、B5に値を表示するのであれば、B5のセルに「=iro(B5)」と指定します。そうするとB5にA5のセルのColorIndex値が表示されます。

これを取得したい行全てに設定して、この値に対してフィルタをかけると色別に表示することができます。

試してみてくださいね。