使用例・COUNTIF編

使用例・COUNTIF編

エクセルの関数には、指定条件に合致するセルの個数をカウントするという「COUNTIF関数」というのがあります。

「=countif(引数1,引数2)」という使い方をします。

【関数の説明】
引数1で指定された範囲の中から、引数2で指定された条件のセルがいくつあるか合計個数を返す。

【引数の説明】
引数1:セル範囲の指定をします
引数2:カウント条件を指定します

単純にこの「COUNTIF関数」を使用するときは指定する条件は1つですが、複数条件指定する場合にはどう設定したらいいでしょう。

解決方法としては複数の方法があります。

一致させる条件がセルの完全一致ならばワーク的な作業列を作成し、COUNTIF関数を実行するというのが一番簡単でしょう。

具体的には、第一条件が書いてあるセルと、第二条件が書いてあるセルを「=セル1&セル2」で文字列結合します。

その結合したセルに対して「COUNTIF関数」を適用すればいいということです。
(例)

列  A   B   C
  条件1 条件2 結合

上記例の場合、列Cに「=条件1&条件2」と結合させる関数を記入します。これで列Cには結合された文字列が表示されるようになります。そうしておいて、列Cに対して「COUNTIF」を使用します。

関数を使い慣れていないうちは、あるデータだけでなんとかしようと思ってしまうものです。

しかしこの例のように、データとデータを結合させて判断をするというのも可能です。