使用例・DATEDIF編

使用例・DATEDIF編

仕事でエクセルを使用しているとよく出てくるものに、生年月日から年齢を算出したり、勤続年数など経過日数を計算するというのがあります。

今回はこれについてお話しましょう。

例えば生年月日から年齢を算出する場合ですが、よく見る間違いに、単純に生年月日と算出したい日付を引き算して出た年数に対して、ユーザ定義書式によて「yy歳」と設定してあるだけ、というものがあります。

この計算式だと、誕生日の次の日にならないと年齢が加算されません。計算式の調整が必要になります。

誕生日に年齢が加算される計算を設定しておくには、引き算調整ではなく、関数を使って算出するのがいいでしょう。

それでは年齢計算を行う関数を紹介します。

○A1セルに年齢算出基準日、B1セルに生年月日、C1セルに年齢を表示させる場合

C1セルに対して「=DATEDIF(B1,A1,"Y") 」と入力します。すると、C1セルに年齢が表示されますね。

【DATEDIF関数】

第1引数:開始日
第2引数:終了日
第3引数:算出単位
"Y" : 期間内の満年数
"M" : 期間内の満月数
"D" : 期間内の日数
"YM" : 経過した1年未満の月数
"YD" : 経過した1年未満の日数
"MD" : 経過した1月未満の日数

ただし、DATEDIFは「関数の挿入」→「関数の貼り付け」では表示されない関数ですので、手入力する必要があります。