使用例・MATCH編

使用例・MATCH編

今回は位置検索をするための関数を紹介します。

【関数】
=MATCH(検索する値,検索する範囲,検索する方法)

【意味】
検索する範囲の中から検索する値を探し出して、何番目にあるのかという位置を求める関数です。

検索する方法によっては、「#N/Aエラー」になることがあります。これは検索する値が範囲内にない場合にでます。

【引数の意味】
検索する値:検索したい値を直接指定、または検索したい値が入力されているセルを指定します。値には文字列、数値などが指定できます。

検索する範囲:検索したい値が入力されている場所をセルの範囲指定で指定します。

検索する方法・・・0→検索する値と完全に一致する値を求めます。
検索する方法・・・1→検索する値に近い値の位置を求めます。
※(省略時は「1」指定になります)
検索する方法・・・1→昇順に並んでいる値に対して検索できた位置を求めます。

使用方法として一例をあげます。参考にしてください。

【例】
行 A列
1  1
2  3
3  16
4  20
5  22
6  30
7  35
8  40

「=MATCH(16,A1:A8,0)」と指定します。

セルA1~A8の中に「16」という数字は3番目にあるので、返る数字は「3」と返って来ます。

次に、「=MATCH(25,A1:A8,0)」と指定した場合は、セルA1~A8の中に「25」という数字が無いのでエラーとなり、「#N/A」と返って来ます。

他にも使用方法はあります。上記の例のように指定すると検索できますよ。