判断式を記述する

判断式を記述する

エクセルのデータに、こんなデータが記述されているとします。

【エクセル上のデータ】
A列  B列  C列
 ア   A  ア 
 イ   a
 ウ   A
 エ   S
 オ   P
 カ   W
 キ   G
 ケ   B
 コ   H

これで、セルD1のところに「=IF(VLOOKUP(C1,A1:B9,2)="A","○","×")」と記述します。

意味はA1~B9の範囲内を元として、A列の中に、セルC1に記述されている「ア」という文字がある場合の左側から2列目、つまりB列の文字が「A」ならば「○」をセルD1に表示させる、ということです。

つまり、セルC1の値がア,イ,ウの場合は、「○」を、セルC1の値がア,イ,ウ以外の場合は「×」をD列内に表示させましょう、という関数なのですね。

この場合の難点は、B列の値を見ても分かるとおり、大文字小文字のAとaの区別をつけられないということです。

「A=CHAR(65)」なので、「=IF(VLOOKUP(D1,A1:B9,2)=CHAR(65),"○","×")」としても大文字小文字の区別をつけることはできません。

そこで大文字小文字の区別を付けたい時は、「A=65」と指定することができます。

「=IF(CODE(VLOOKUP(D1,A1:B9,2))=65,"○","×")」と指定すると、大文字小文字を区別して判断します。

この関数式で判断すると、セルC1の値がア,ウの場合は、「○」を、セルC1の値がア,ウ以外の場合は「×」をD列内に表示させましょうということになるのですね。