合計に関する関数

合計に関する関数

今回は合計値を求める関数について紹介します。

1.並んだ数字の合計値を求める関数

【関数】
=SUM(数値1,数値2,数値3,・・・)

【引数の意味】
数値1,数値2,数値3のように( )内に記述されている全ての数値を合計します。

【使用例】
・「=SUM(1,2,3)」と指定、「6」と結果が返ります。( )内の数値を合計しています。

・「=SUM(6-4,3*5)」と指定、「17」と結果が返ります。( )内の計算結果をそれぞれ合計します。

・「=SUM(A1:A6)」と指定、セルA1,A2,A3,A4,A5,A6の値を合計した結果を返します。

・「=SUM(A1:A3,B1:B3)」と指定、セルA1からA3までの合計値とセルB1からB3までの合計値を合計します。

2.条件付の合計値を求める関数

【関数】
=SUMIF(判断する範囲,条件指定,合計する範囲)

【関数の意味】
条件指定をした値に合致する値の合計値を求めます。

【引数の意味】
判断する範囲・・・条件に対して比較をする値をセルの範囲で指定します。

条件指定・・・値を合計する条件式を指定します。

合計する範囲・・・実際に合計をする値が入力されている範囲を指定します。

【使用例】
・「=SUMIF(A1:A3,"ABC",B1:B3)」と指定、A1からA3の範囲内に"ABC"の文字列がある場合のB1からB3の合計値を求めます。

合計値はデータ管理上頻繁に使用するものですよね。覚えておくと、便利ですよ。