Top > マクロを使ってみよう > 使ってみよう!

使ってみよう!

エクセルをただの表計算だけに使用している人は多いと思うが、もったいない。マクロを使うと使い勝手が広がるものだ。ここではマクロの使い方を紹介してみよう。

1.準備
 ・「Visual Basic」を追加。
  ツールバー上のどこでもいいので右クリック。
  ショートカットメニューが開くので「Visual Basic」を選択。

2.マクロの作成
 ・ファイルを開くマクロの作成
  「●」が描かれている「マクロの記録」ボタンをクリック。
  ダイアログボックスが開かれるので「マクロ名」に「ファイルを開く用」というマクロ名を入力。
  「説明」にどんなマクロを作成するのか説明を記入。
  「OK」ボタンを押す。
  「記録の終了」ボタンが表示される。

3.マクロの自動記録
 ・ファイルを開く作業の内容をマクロに自動記録。
 ・適当なファイルを開く。
 ・「記録終了」ボタンを押す。
  (「ツール」→「マクロ(の記録)」→「記録終了」でも同様の処理ができる。)
 ※ここで「記録終了」をしないと、それ以降の作業全てマクロに記録されてしまう。注意しよう。

4.マクロの実行
 ・先ほどマクロを記録するために開いたファイルを閉じる。
 ・マクロの実行ボタンを押す。
  (「ツール」→「マクロ」→「マクロ」でも同様の処理になる。)
 ・マクロ名「ファイルを開く用」を選択したら、「実行」ボタンを押す。
 ・マクロが実行されてファイルが開かれることを確認しよう。